八方百難除けのページへ
courtesyimage1
courtesyimage2
courtesyimage3
courtesyimage4


厄祓

日本には古来から人生の節目を「厄年」として忌み慎む習慣があります。厄年とは一生のうち何らかの厄難に遭遇する恐れの多い年齢をいい、医学の発達した現代においてもなお、万事に慎まねばならない年齢として人々に意識されています。

厄年とする年齢は、一般には数え年で男性は25歳、42歳、61歳、女性は19歳、33歳、37歳です。中でも男性の42歳と女性の33歳は「大厄(たいやく)」といい、その前後の年齢も「前厄(まえやく)」「後厄(あとやく)」とされ、特に忌むべき年齢といわれています。
厄年は現代の生活にもあてはまる人生の転換期であり、肉体的にも精神的にも調子を崩しやすい年齢といえます。厄祓の方法としては、神社で祈祷を受けるのが一般的です。
※ 数え年とは、満年齢に誕生日前には2歳、誕生日後には1歳を加えた年です。

平成26年 厄年一覧

前厄 本厄 後厄
男性 平成3年生
24歳
ひつじ
平成2年生
25歳
うま
平成元年
26歳
み(へび)
昭和49年生
41歳
とら
昭和48年生
42歳
うし
昭和47年生
43歳
ね(ねずみ)
昭和30年生
60歳
ひつじ
昭和29年生
61歳
うま
昭和28年生
62歳
み(へび)
女性 平成9年生
18歳
うし
平成8年生
19歳
ね(ねずみ)
平成7年生
20歳
ゐ(いのしし)
昭和58年生
32歳
ゐ(いのしし)
昭和57年生
33歳
いぬ
昭和56年生
34歳
とり
昭和54年生
36歳
ひつじ
昭和53年生
37歳
うま
昭和52年生
38歳
み(へび)



八方除

方位除けは、易学・陰陽五行説・暦学などの考え方が融合して現代に伝わる、吉凶の見方です。この場合の「方位」とは実際の方角を示す物ではなく、一人一人が持っている年齢ごとの「星回り」を指します。
その星回りが、中央・北・北東・南西に位置する年齢は凶の方位とされ、特に中央に位置する年齢を八方ふさがりといい、特に悪い方位とされ、その他の凶の方位に位置する年齢の方も、肉体的にも精神的にも、気運の盛衰が転換期を迎えていて、さまざまな災渦が起こり易いといわれ、方位除けをうけるべき年回りとされています。

運勢盤 (九星方位吉凶表)
方位


平成26年 方位除け年まわり表


八方ふさがり

四緑
(中宮)
九紫
(坎宮)
七赤
(艮宮)
一白
(坤宮)
昭和8年生 昭和12年生 昭和14年生 昭和11年生
昭和17年生 昭和21年生 昭和23年生 昭和20年生
昭和26年生 昭和30年生 昭和32年生 昭和29年生
昭和35年生 昭和39年生 昭和41年生 昭和38年生
昭和44年生 昭和48年生 昭和50年生 昭和47年生
昭和53年生 昭和57年生 昭和59年生 昭和56年生
昭和62年生 平成3年生 平成5年生 平成2年生
平成8年生 平成12年生 平成14年生 平成11年生
平成17年生 平成21年生 平成23年生 平成20年生



●厄祓い・方位除けを受ける時期
厄祓い・方位除けのお祓いは、その年一年が無事である様にとのご祈願ですので、お正月中、遅くとも旧正月の節分(2月3日)までにお受けになり、心穏やかに無病息災にて一年をお過ごしください。
ただし、旧正月の節分(2月3日)以降はご祈願が受けられないという事ではありません。厄除け・方位除けは一年中受けつけておりますので、ご都合のいい日時を選んで神社にお申し込み頂き、ご祈願をお受けください。

●祈願料 5,000円より
須賀神社々務所 03-3351-7023