氏神さまと氏子

一般に土地の神様を氏神様、または産土様、あるいは鎮守様と呼びます。

日本人は、初詣をはじめ、ことあるごとに氏神さまにお参りをしてきました。

古い時代、氏神さまとは血縁関係にある氏族が共通におまつりする神様のことで、その氏族の祖先神であったり、氏族にかかわりの深い神さまであったりしました。

時代が下ると、その地域の土地をお守りする産土神(うぶすながみ)や鎮守(ちんじゅ)様とのはっきりした区別がなくなり、これらの神様を合わせて氏神様としておまつりすることが多くなっています。

氏神さまに対し、その神社の「氏子区域」といわれる土地内に住み、その神社を信仰し、尊厳の誠をささげている人々を氏子と呼び、同じように尊信されながらも、氏子区域外におられる人々を崇敬者と呼びます。

氏子は人生儀礼などの際に氏神様をお参りし、健やかで幸せに暮らせるよう祈願します。

古い時代の氏子とは、血縁関係にある一族のことを指していましたが、現在ではその氏神さまの地域に居住している人々や、お祭りなどの儀礼に参加する人たち全体を氏子と呼んでいます

当神社は、須賀町・四谷一丁目・四谷二丁目・四谷三丁目・四谷四丁目・三栄町・本塩町・坂町・片町・愛住町・荒木町・舟町・若葉一丁目・若葉二丁目・若葉三丁目・左門町・南元町・信濃町、四谷十八ヵ町の総鎮守です。

18ヶ町