人は、身内の方を亡くしても、その人をいつも身近に感じていたいと思うものです。

それが日本人のごく自然な感情といえるでしょう。
「無くなった方の御霊[みたま]はこの世にとどまって、いつまでも子孫を見守ってくれている」という日本の伝統的な考え方に基づいた神式による葬儀を神葬祭[しんそうさい]といいます。神葬祭は神主が奉仕して行なわれます。神葬祭は日本固有の儀式で、亡くなられた方の御霊をお鎮めし、清めて、長く家の、ご家族の守り神になられるよう儀式を行ないます。

神式のご葬儀は厳かで儀式もわかりやすく、しかも質素です。またその後も、色々なしがらみにとらわれず、純粋に祖先の御霊をおまつりする事ができるので、今日神式のご葬儀が増える傾向にあります。

神道のご葬儀の特徴
霊璽−れいじ−

仏式に位牌[いはい]がある様に、神式にも位牌にあたる霊璽[れいじ]というものがあります。
人が死去(帰幽といいます)しますとその御霊は霊璽に遷霊[せんれい](うつすこと)され、各家々の祖先が祀られている御霊舎[みたまや](仏教の仏壇)に祀られ、一家の守り神となり、日夜子孫を見守り、子孫の繁栄と幸福をもたらすとされています。

仏式では、位牌に戒名をいただきますが、神道の場合は神様から、そして親から授かったその人が生きてきた氏名そのものに命(※1)を付けて神様の名前になる点が大きな違いといえましょう。
※男性・女性、年齢により、大人命、刀自命等、命の前が変わります。

戒名

仏式では戒名を戴くにあたり、戒名料がかかりますが、神式にはいっさいそのようなものはかかりません。

ご葬儀の内容

神式のご葬儀も仏式と同じく通夜・そして翌日の葬儀、告別式と二日間に渡り執り行われます。

神道のお墓

ほとんどの方が霊園墓地(宗派を問わない)にお墓をお持ちになります。

当社では神式のご葬儀を真心込めてご奉仕しております
お問い合わせは 須賀神社社務所 TEL.03-3351-7023(受付時間 午前9時より午後5時まで)