神社参拝の作法

1 入口の鳥居をくぐる前に会釈をし、気持ちを引き締めてから境内に入ります。
2 手水舎の水で心身を清めます。このことを「手水をとる」といいます。
手水をとる作法

(1) 右手で柄杓(ひしゃく)を持ち、水を汲んで左手にかけ左手を清めます。
(2) 次に柄杓を左手に持ち替えて、同じように右手を清めます。
(3) 再び柄杓を右手に持ち、左の手のひらに水を受けて口をすすぎます。
(4) 口をすすぎ終えたら、もう一度水を左手に流します。
(5) 最後に水の入った柄杓を立て、柄に水を流してから伏せて置きます。

3 参道を通ってご神前へ進みます。
4 賽銭箱の前に立ったら会釈をし、神さまに捧げる真心のしるしとして、賽銭箱にお賽銭を入れます。
5 二拝二拍手一拝の作法で拝礼し、会釈をしてから退きます。
二拝二拍手一拝

(1) 深いお辞儀(拝)を二回繰り返します。[二拝]
(2) 次に両手を胸の高さで合わせ、右手を少し手前に引き、肩幅程度に両手を開いて拍手を二回打ちます。[二拍手]
(3) そのあとに両手をきちんと合わせながら心を込めて祈ります。
(4) 両手をおろし、最後にもう一度深いお辞儀(拝)をします。[一拝]

神社社殿で祈願を受ける時の作法
玉串奉奠(たまぐしほうてん)をする場合

神職から玉串を渡されるとき、右手に根元と左は葉先の方を取れるように渡されますので、その通りに自然に戴いてください。

ご神前まで玉串を目通りの高さまで捧げ持ったまま進み、ご神前で軽くお辞儀をします。

玉串を立て、左手を右手辺りまで下げ、右手を先の左手の辺りに持ち代え、玉串を時計回りに半回転させて、根元をご神前に向けて、祭壇中央にお納め致します。

それから一歩退いて二拝二拍手一拝を行ないます。

ご神前より下がるときには少し礼をし、元の席に戻ります。